在庫MAGAZINE

*

受動喫煙防止法の廃案が逆に飲食店を苦しめる?

   

受動喫煙防止法の廃案が逆に飲食店を苦しめる?
受動喫煙防止法の廃案が逆に飲食店を苦しめる?
厚生労働省が受動喫煙防止法案を骨抜きにする代替案の検討を開始するなど、同法案が事実上の廃案となる可能性が出てきた。
飲食店の経営を守るというのが建前だが、一連の動きは、別な形で外食産業に影響を与える可能性がある。
それはデリバリービジネスの急拡大である。
http://cgi.itmedia.co.jp/rss/business_2.0/www/business/articles/1712/28/news018.html

 - 業界動向