在庫MAGAZINE

*

鹿島/資機材の在庫管理効率化/位置情報・稼働状況も把握

   

鹿島/資機材の在庫管理効率化/位置情報・稼働状況も把握
鹿島/資機材の在庫管理効率化/位置情報・稼働状況も把握
 鹿島は、資機材の現場の出入りを把握する在庫管理システム「KENLOGI」(ケンロジ)と、現場内での資機材の位置情報・稼働状況をリアルタイムで把握するシステム「K-Field」(ケイ・フィールド)を開発した。併用することで、現場の資機材の在庫管理を大幅に効率化できる上、資機材の稼働率向上などにもつながる。将来的には、ビーコンで作業員や資機材の移動・稼働状況などのビッグデータを踏まえた効率的な仮設計画の検討といった生産性向上につなげる考え。 建築現場では、高所作業車やフォークリフト、脚立(立馬)といった多くの資機材の在庫管理のため、現場独自の2次元コードを使って台帳を整備するものの、手作業が多く、時間と手間がかかる。作業の進捗にあわせて資機材の位置も刻々と変化するため、正確でリアルタイムでの位置把握は難しい。 ケンロジは、ユニフィニティー(東京都渋谷区、曽良俊介社長)と共同開発した。レンタル・リース会社が資機材を管理するために貼付する2次元コードやRFID(電波個体識別)などの識別タグをケンログのアプリで読み取れば、レンタル・リース会社ごとに異なる資機材コードと鹿島の資機材リストをひも付けられる。資機材の管理担当者は、PCやタブレット端末などで現場内にある資機材の在庫や高所作業車の貸出管理、資機材の揚重申請が可能になる。 ケイ・フィールドは、マルティスープ(東京都千代田区、那須俊宗社長)と共同開発した。建築現場は、屋内作業が中心のため、GNSS(衛星測位システム)は使わず、管理したい資機材の一つひとつに小型で安価な「ビーコン」を設置する。現場内の各階には、ゲートウェイ(受信機)をセットし、ビーコンと受信機が信号をやり取りして各資機材の位置情報を正確に把握できる。位置データは、現場内に構築したWi-Fiネットワーク網を通じてクラウド上に伝送するため、現場事務所などにあるPC画面のマップ上で資機材が何階のどこにあるかを見られる。ダンプなどにGNSS発信機を取り付ければ、現場敷地外の位置把握も可能で、工事関係車両の運行状況などもリアルタイムでマップ上に表示する。 両システムは、「鹿島スマート生産ビジョン」の実践現場となっている「(仮称)鹿島伏見ビル工事現場」など複数現場で既に活用している。伏見ビル工事では、高所作業車や台車など約150台にビーコンを取り付けているほか、高所作
https://www.kensetsunews.com/archives/295171

 - 業界動向