在庫MAGAZINE

*

ヤマトグループが抱き続けた「5年後への危機感」 – ヤマトホールディングス 代表取締役会長 木川 眞

   

ヤマトグループが抱き続けた「5年後への危機感」  - ヤマトホールディングス 代表取締役会長 木川 眞
ヤマトグループが抱き続けた「5年後への危機感」 – ヤマトホールディングス 代表取締役会長 木川 眞
ヤマトグループは第1のイノベーションである路線事業、第2のイノベーションである宅急便を経て、今、第3のイノベーションと位置付ける「バリュー・ネットワーキング」構想を推進している。
ここでは、物流が単なる輸送手段という枠を超えて、価値を生み出す一つの手段になるための方策を考えている。
つまり、物流が新たな収益源の一つになるようなソリューションの提案だ。
今回はこの構想に至った経営判断について振り返ってみる。
http://rss.rssad.jp/rss/artclk/9FLW5bfpNz.D/8463d6291a5db5824ac06a3dc71c177f

 - 業界動向