在庫MAGAZINE

*

「商流、物流、情報流を統合管理してコープ商品のSCMを最適化する」 – from.カーゴニュース

   

「商流、物流、情報流を統合管理してコープ商品のSCMを最適化する」   - from.カーゴニュース
「商流、物流、情報流を統合管理してコープ商品のSCMを最適化する」 – from.カーゴニュース
日本生活協同組合連合会(日本生協連、浅田克己会長)は、全国の地域生協や職域生協、大学生協および、複数の生協によって組織される事業連合などが加盟する連合会。
生協のPB商品である「コープ商品」の開発と供給を主力事業とし、宅配・店舗事業などを展開する会員生協に対してコープ商品を卸売業の形で販売・納品している。
日本生協連ロジスティクス本部では、このコープ商品のSCM(サプライチェーンマネジメント)のロジスティクス分野を担い、コープ商品の商品力強化と、それによる会員生協事業への貢献をめざす。
ロジスティクス本部の佐藤豊本部長に、連合会が進めるコープ商品の物流戦略と、生協物流全体における今後の展望を聞いた。
http://rss.rssad.jp/rss/artclk/9FLW5bfpNz.D/bb845607ef8558ababfc45274aeac3a8

 - 業界動向