在庫MAGAZINE

*

企業向けソフトウェアベンダーのビジネスモデルが「時代遅れ」になった理由

   

企業向けソフトウェアベンダーのビジネスモデルが「時代遅れ」になった理由
企業向けソフトウェアベンダーのビジネスモデルが「時代遅れ」になった理由
景気回復の追い風が吹く中、企業の成長を支えるITへの投資予算も徐々に増えてきているようだ。
とはいえ、業務プロセスの効率化、リアルタイム経営をはじめとする課題、変化し続けるサイバー攻撃への対策など、限られた予算の中であれもこれもと対策を講じられるわけではない。
「投資するもの」「節約するもの」を見極め、賢く配分するべきである。
このホワイトペーパーではIT投資予算の盲点――「節約」すべき年間保守料金の現実と、多くの支持を得ている「独立系サポート」について解説する。
http://www.sbbit.jp/document/Item/13569

 - 業界動向