在庫MAGAZINE

*

「誰もが幸せになる」プロダクト開発を、リリースプランニングの見える化で可能に【デブサミ2017】

   

「誰もが幸せになる」プロダクト開発を、リリースプランニングの見える化で可能に【デブサミ2017】
「誰もが幸せになる」プロダクト開発を、リリースプランニングの見える化で可能に【デブサミ2017】
 ビジネスにおけるITソリューションの役割と影響は年々大きくなっており、そこに求められるソフトウェアも複雑で高度になってきている。
開発プロジェクトの不確実性はますます高まり、変化の激しい市場のニーズに応える製品やサービスを、いかに的確に提供するかは開発者にとって最重要課題の一つだ。
株式会社エウレカ 経営管理本部 情報システム部 梶原成親氏は、これまで数多くのプロジェクトを通じて、アトラシアンの開発管理ツールを活用してきた。
そして、より良い開発プランニングの方法を探ってきた。
Atlassian User Group Tokyoでも活躍する同氏が、「ユーザー、デベロッパー、そして誰もが幸せになる」プロダクトオーナーの役割について語る。
http://rss.rssad.jp/rss/artclk/DlzMEkU2485N/e9af9ef5f2790648cf5f3955208220d5

 - 業界動向