在庫MAGAZINE

*

ダンボール箱製造機、ミリ単位の「折れ精度」が品質のカギだった – ものつくるひと

   

ダンボール箱製造機、ミリ単位の「折れ精度」が品質のカギだった - ものつくるひと
ダンボール箱製造機、ミリ単位の「折れ精度」が品質のカギだった – ものつくるひと
大物流時代が到来し、社会に欠かせない“インフラ”となった段ボール箱。
三菱重工業グループは、約60年の長きにわたって段ボール箱の製造機械の開発・生産を手掛けている。
その中でも2003年にローンチされた「EVOL」シリーズは、世界23カ国で支持されるロングセラー。
今も月間5台が世に送り出されている。
http://rss.rssad.jp/rss/artclk/9FLW5bfpNz.D/f86e30a0571d094b9bab9ffd5fa90d0d

 - 業界動向