在庫MAGAZINE

*

最高裁がNHKの受信料制度を「合憲」判断 日本の通信・メディアの未来に絶望するしかない理由 – 闇株新聞

   

最高裁がNHKの受信料制度を「合憲」判断 日本の通信・メディアの未来に絶望するしかない理由 – 闇株新聞
テレビを設置しただけで、視聴する意志がなくともNHKとの契約義務が生ずるなどと規定した「放送法64条」は、憲法が保証する「契約の自由」に反するかを問うた裁判で、最高裁大法廷は6日これを「合憲」とする判断を下しました。
既得権益が守られたNHKは胸をなでおろしているかもしれませんが、NHKの経営内容や電波行政のあり方を検証すると、日本の通信・放送・メディアには絶望するしかない現実が見えてきます。
http://rss.rssad.jp/rss/artclk/9FLW5bfpNz.D/7cda591025dce607f6b85cc2ef4f7338

 - 業界動向